鉄道ホビダス

2009年6月17日アーカイブ

sanndenn218_219.JPG
1936(昭和11)年から兵庫電軌旧型車の更新名義で一部部品を流用し製作された200形は、流線形車体の2扉車で、1941(昭和16)年までに電動車12輌(201~212)、制御車3輌(111~113)の計15輌が就役。1943(昭和18)年には3扉車グループ114~123が帝国車輌で製造された。こちらは旧型車からの部品流用はなく、山陽電鉄初の純然たる新製車である。1944(昭和19)年124~126を川崎車輌で製造、1945(昭和20)年127~132を田中車輌で製造、さらに同年、兵庫電気1形種車として133~135が川崎車輌で製造したものが加わった。それぞれ製造所、時期により端面の形状などに違いがある。戦災で消失した3輌を除く19輌が1950(昭和25)年215~233に改番された。ちなみに2扉車15輌は200~214となっている。写真は電鉄兵庫駅を発車した219+218が、最徐行で併用軌道に進入する下り列車。200形は貨車に改造された2輌を除き1969年までに全車廃車となっている。貨車となった2輌も1981(昭和56)年廃車となった。写真の219・218ともに1967(昭和42)年8月の廃車である。 ’63.2.23 山陽電鉄 兵庫 P:柿浦和敏

レイル・マガジン

2009年6月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別 アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.