鉄道ホビダス
  • TOP
  • お立ち台通信2―鉄道写真撮影地ガイド データベース

笹川流れでカーブ行くいなほ"ハマナス色"を
20180118124615-32fec612bb40f5e1004400bb189717f0e271ed4e.jpg

2017.12.31
藤巻佳一(新潟県)

【ガイド】 特急「いなほ」U107編成が12月末より"ハマナス色"となって運転を始めた。先行して登場した"瑠璃色"と同様に人気が高まっている。笹川流れのこのポイントは冬場は昼過ぎから14時夏場は16時までが光線状態がよく、この時間に通過する「いなほ10号」、貨物3098レ(上り専用)が撮影に適している。作例は、年末の臨時いなほの回送13時28分通過。板貝集落を抜けて線路をくぐってすぐ登れる避難所からの撮影。住民の方々に迷惑をかけないよう十分配慮してほしい。

【レンズ】110mm

【レンズ】今川駅から国道345号線を村上方面へトンネルを一つくぐると、板貝海水浴場の大きな駐車場がある。住宅街に入る手前の公民館に津波避難所の看板があるので参考にして、住宅街に入る。線路をくぐって、直ぐ右手の階段を登ると撮影地。一見キャパが広そうだが、電線があるため、アングルが限られてしまう。風景よりも、列車重視の方にお勧めだ。車なら道の駅桑川(駅)から国道345号を鶴岡方面へ。笹川集落を越えて、次の板貝集落に駐車場がある。駅から5分程度。

【国土地理院1/25,000地形図】笹川

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

20171221155327-056ace999ddf26d4990daba317c627d4df9da231.jpg
第69回 日本カレンダー展
金賞・経済産業省 商務情報政策局長賞 受賞

富士山バックに朝日を浴びる「湘南ライナー」を撮る
20180116121805-4bf56371e68bb18960c86ab99affd98d8217e3db.jpg

2017.12.27
赤松謙一(神奈川県)

【ガイド】東海道本線の朝の定番撮影地、平塚寄りの中島踏切では冬〜春先にかけて、朝日の斜光線を浴びながら、富士山バックに貨物線を上る様々な列車を順光で撮影が出来る。撮影対象はEF64、65の3074レ、5086レ、185系の湘南ライナーなど国鉄型はもちろん、多種多様な列車を効率よく撮影可能だ。この中島踏切は車1台がやっと通れる細い道路の割に車が思いの外通る。また、踏切周辺は機器箱やポールなどが設置されベストアングルは広くはないので譲り合って、通行には充分配慮しながら撮影して頂きたい。

【レンズ】200 mm

【アクセス】 平塚駅から徒歩、あるいはバスでのアクセスとなる。国道1号へ出て相模川を渡り、「中島」の標識のある信号左手の細い道を進むと中島踏切。バスは近くのコンビニ前に神奈川中央交通「中島」バス停 がある。車は周辺に停められるところがないので至近のパーキングなどに停め、徒歩などでアクセスすることをおすすめする。

【国土地理院1/25,000地形図】平塚

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

豊栄のカーブで瑠璃色「いなほ」の迫力あるカットを
20180112120802-d35032bebea0db69352597f57bfc8f55e1b4b104.jpg

2017.12.3
藤巻佳一(新潟県)

【ガイド】豊栄からほど近い、団地にある踏切から白新線を下る特急「いなほ」を狙う。2017年10月末には瑠璃色、12月末には、ハマナス色に塗装が変更され、特急「いなほ」は3色で運転されている。バリエーションが増え沿線では人気が高まっている。「いなほ」が収まりよく、光線状態は1号が作例のように日が回る。上り列車も撮れるが、障害物が多く編成に掛かってしまう。撮るなら、夕方。上り下りともに手堅くキマる。
アウト側。

【レンズ】280mm

【アクセス】豊栄駅から線路と並行した道を新潟方面へ進み、踏切を渡って左へ。線路に沿って進んだ公園の先の「第1樋内踏切」。駐車スペースは無いので電車利用が基本。

【国土地理院1/25,000地形図】水原

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

成田到着間近の団臨を良好な光線状態で
20180111115835-5959fd75f2f7920bf1090356b48c1e75620413ce.jpg

2018.1.6
名尾 優(千葉県)

【ガイド】お昼近くに到着する、我孫子口の下り成田団臨を、良好な光線状態で撮影できる場所として押さえておきたいポイント。踏切付近からの撮影となり、この場所のすぐ背後には、この一帯を俯瞰で撮影できることで知られる「郷部大橋」がある。そのため、2本以上の運転がある日なら、下と上からと両方撮影を楽しむこともできる。

【レンズ】150mm

【アクセス】成田駅西口からアクセスするが、ある程度道を知っている人でも20分から25分ぐらいは歩くことになる。ポイントは「郷部大橋」のすぐ下付近にある「西野内踏切」(14km548m)。車なら「郷部大橋」のすぐ目の前にある、成田国際福祉専門学校付近を目指すとよい。東関東自動車道の富里ICより15分ほど。

【国土地理院1/25,000地形図】成田

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

多摩川を渡る夕方の列車をサイドライトで
20180110112303-45e5646f80978ab72c3714a073cf78b62e82f6bd.jpg

2018.1.3
椙田俊幸(東京都)

【ガイド】中央本線の多摩川鉄橋は日野駅側から下り列車を順光で撮影出来るが、立川駅寄りの北岸から中央本線の上り列車を午後、サイドライトで撮影出来る。特に夕方は夕陽に車体を輝かせる印象的な写真を撮る事が可能。臨時列車の189系の他、今年3月改正まではE351系を。その他E257系、E353系、E233系の他、EF210やEH200牽引の貨物列車も撮影出来る。撮影ポイントは堤防上の歩道から安全に撮影出来、望遠から広角まで色々なレンズで楽しめる。作例は「かいじ188号」。

【レンズ】40mm

【アクセス】最寄は多摩モノレールの柴崎体育館駅。モノレールの下の道を南へ約250m行き、信号のある交差点を右折。約800m行き中央本線をくぐったところを左折。約200m先で多摩川の堤防に出る。柴崎体育館駅から徒歩約15分。中央自動車道 国立府中ICから約15分。

【国土地理院1/25,000地形図】立川

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.