鉄道ホビダス
  • TOP
  • お立ち台通信2―鉄道写真撮影地ガイド データベース

山間のアンダートラス橋を谷の対岸から捉える
20180806113837-a7f79f7f3ab9d612df11f11cd8b7b0a19abe4b8b.jpg

2018.4.28
高屋稔樹(京都府)

【ガイド】山間に架かるアンダートラス橋を俯瞰気味に捉えるポイント。新緑や紅葉の頃は特に美しい。日の長い時期の夕方近くの時間帯に車体測面に日が当たる。

【レンズ】250mm

【アクセス】贄川駅から塩尻方向に国道19号を2kmほど行ったところにある歩道橋を渡り、線路と反対の北側に出て山道を数分行けば、中央本線の橋梁を見渡せる場所がある。

【国土地理院1/25,000地形図】贄川

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

20180801135548-cd20ef743c553b300a886518c175051f97d772cb.jpg『お立ち台通信』vol.21 8月3日発売!

長編成の"四季島"を望遠レンズで圧縮
20180802105523-0ad848afccdc3ff371c46dbb41145a981a709e61.jpg

2018.7.22
加藤友希(埼玉県)

【ガイド】東長原を通過した列車は日橋川の渓谷を渡って磐梯町へ至るΩカーブにさしかかる。定番はアウトカーブからのアングルだが、10輌編成の"トランスイート四季島"は作例のように望遠圧縮で狙ってみるのも面白い。通行量は少ないが、道路沿いから狙うので通行車輌に注意。磐梯山が見えない時の代替えポイントにしても良い。

【レンズ】360mm

【アクセス】東長原駅より県道337号に出て日橋川を渡り、その先の交差点を右折して進むと落合踏切が見える。踏切を越えて線路を見通せるあたりがポイント。徒歩20分程度。車では国道121号より県道7号に入り7kmほど磐梯町方面に走ると「ようこそ磐梯町へ」と書かれた白文字の青地看板のある十字路を右折。まっすぐ進んで突き当たりを左折すると落合踏切が見える。

【国土地理院1/25,000地形図】会津広田

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

秋田杉の美林に映える赤いトラス橋
20180801132447-80d1bbf5e1c8638564313c3a1c7c9c033d64073e.jpg

2016.9.24
齋藤大暉(千葉県)

【ガイド】阿仁川に沿った渓谷を行く秋田内陸縦貫鉄道。阿仁合から比立内にかけては大小13の橋梁がある。中でも萱草南方の大又川橋梁は豪快な下部トラス橋で赤い塗色が秋田杉の美林に映える。並行して架かる国道105号の萱草大橋から狙うもよし、旧道の橋から仰ぎ見るもよし、豊富なアングルを提供してくれる。鉄橋上は乗客へのサービスのため減速しているため撮影しやすい。光線は午前中が順光となる。

【レンズ】80mm

【アクセス】萱草駅から国道105号に出て笑内駅方向に線路沿いに1km。萱草大橋の歩道がポイント。旧道の橋へは萱草駅から国道へ出ず、線路に並行する道を行く。

【国土地理院1/25,000地形図】阿仁合

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

小入川橋梁を渡る「リゾートしらかみ」
20180731120442-3372b0a24df1552b7939722d1017ea3564505675.jpg

2017.9.1
石黒義章(岐阜県)

【ガイド】東北屈指の景観を誇るの五能線。ここでは漁村の上に架かるガーダー橋を、砂浜から仰いで撮影する。「リゾートしらかみ」や国鉄型気動車の撮影を試みたい。年輪が感じられる橋脚も美しい。岩館港は釣り場でもあるが立入禁止エリアもあるので、ルールを守ってマナーに配慮した撮影を。

【レンズ】40mm

【アクセス】岩館駅前の道を50mほど進んで左折し、100mほど進んで岩館駅前バス停を越えて右折し、150m南下すると日本海に出る。岩館海水浴場を越えて岩館漁港に行けば撮影ポイントとなる。徒歩18分。迷惑駐車厳禁。

【国土地理院1/25,000地形図】岩館

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。


第三羽黒川橋梁を渡る「つばさ」の編成写真を
20180730161653-2441e748494cf48eab55ea71e22e1a7f6c2c920a.jpg

2018.5.1
赤座安彦(岐阜県)

【ガイド】6輌編成が収まるコンパクトな鉄橋を、土手から撮影するポイント。架線柱は片側で障害物がなく、スッキリした編成写真が撮れる。昼過ぎまでが順光。もう少し線路寄りから、正面がちに撮影することもできる。後ろを通る自動車道をなるべく目立たせないように工夫したい。

【レンズ】42mm

【アクセス】線路と交差する国道13号から鉄橋が見えるが、築堤に通じる道がなく、1kmほど米沢寄りから築堤を進む。米沢駅か3kmほどある。車の場合は、東北自動車道とつながった無料の東北中央自動車道米沢中央ICから5分ほど。

【国土地理院1/25,000地形図】糠野目

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.