鉄道ホビダス
  • TOP
  • お立ち台通信2―鉄道写真撮影地ガイド データベース

入間川の清流を渡る八高線の205系・209系等を撮影する
20180413132225-29cf71e2d8891596837a5aa0f2c022d9daec17ed.jpg

2018.4.7
椙田俊幸(東京都)

【ガイド】入間川橋梁を川の道路橋の歩道から安全に撮影出来る場所。4輌編成の205系等をサイドから撮影する。午前中順光になる。

【レンズ】40mm

【アクセス】西武池袋線元加治駅の駅前の道を左へ行き、すぐ西武線の踏切を渡り、700mほど、信号のないT字路を左折、約300mで入間川に架かる橋に出る。徒歩約15分。

【国土地理院1/25,000地形図】飯能

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

車体を傾斜させて山間の大カーブに切り込むN2000系「うずしお」
20180412141929-7dba09043a0287b440c1c61714f8711785cc3800.jpg

2017.8.11
矢野鉄男(熊本県)

【ガイド】ストレートの上り勾配からカーブに差し掛かった上り列車が撮影できる。作例では正面より撮影しているが、側面から撮影することもできる。正面から撮影する場合は2輌編成よりも3輌編成のほうが締まりが良い。正面から撮影する場合昼遅くから夕方が、側面から撮影する場合はお昼頃が順光となる。

【レンズ】300mm

【アクセス】神前駅前の小道を50mほど直進して右折。100mほど高松方面に進み左折して踏切とは反対の方向に200m。交差点を左折して田園地帯を600mほど進み小さな小川の手前の道に入り線路へ近づくとそこが撮影地。神前より約1.2km、徒歩15分ほど。車なら、高松自動車道さぬき市志度ICより約15分。

【国土地理院1/25,000地形図】志度

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

国道脇から「ワイドビューひだ」を俯瞰する
20180411121753-8dd5580298fa9278cc71c56bf952f82f1e83be62.jpg

2017.4.22
上野 洋(愛知県)

【ガイド】斜面の樹木が伐採され、以前よりも俯瞰撮影がしやすくなった。春は桜並木と組み合わせることができる。また、標準系レンズを使えば飛騨川の流れを取り込むことが可能。編成の長い「ワイドビューひだ5・25号」(多客期10輌編成)が狙い目。

【レンズ】100mm

【アクセス】 渚駅下車。駅を出て右折し、飛騨小坂方面へ約700m進む。集落に入って二つ目の消火栓を過ぎた所で右折して踏切を渡る。国道41号へ出たら高山方面へ400mほど進む。駅から徒歩約20分。濃飛バス渚バス停からは徒歩約7分。車なら中部縦貫自動車道 高山ICから約35分。

【国土地理院1/25,000地形図】 久々野

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

最後の活躍を見せる103系を撮る
20180409134856-2720a9be685f4968733013ef8c2433a2b35ee590.jpg

2018.4.9
木内俊嗣(奈良県)

【ガイド】大阪地区から撤退した103系だが、奈良線では普通運用に充当されて元気に活躍する姿を見ることができる。このあたりは線路に高低差がついているのでストレートを駆け抜ける編成全体を容易に撮影できる。阪和線から転属してきた205系も仲間に加わり103系と共に「国電」を楽しむ事ができる。昼前から順光になる。

【レンズ】50mm

【アクセス】平城山駅を西側に出て駅前ロータリーを進み右手にある郵便局の方向へ行く。そこから一つ目の角を右折し線路沿いの道路に出て左方向へ。線路がカーブから直線になるあたりが撮影地となる。駅から徒歩で約10分。京名和自動車道 木津ICより約5分、駅周辺にコインパーキングがある。

【国土地理院1/25,000地形図】奈良

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

山裾の美しいカーブで編成写真を
20180406123053-874b7a3ec013cd85b62c8c9cbe017c009b8f8d10.jpg

2018.2.13
赤松謙一(神奈川県)

【ガイド】留辺蘂の街外れ、相内から続くストレートから、紅葉山の麓にある長いSカーブ区間に入ったちょうど真ん中辺りにある踏切から上り列車を捉えるポイント。イン側、アウト側どちらでも好ましい編成写真を記録できる。作例はアウト側から。このポイントの奥のカーブが先に紹介されている跨線橋からの俯瞰ポイントにあたる。午後になるほど光線状態は良い。

【レンズ】250mm

【アクセス】留辺蘂駅前の道を進んで突き当たりを右へ。セイコーマートの交差点を左へ進み橋の先の三叉路を右へ。その先の踏切がポイント。徒歩20分ほど。
車は国道39号を留辺蘂方面から北見方面へ進み留辺蘂の街を過ぎ跨線橋の手前を左へ折れる。

【国土地理院1/25,000地形図】留辺蘂

【注意】撮影に際して、鉄道用地・私有地などに無断で立ち入ること、近隣の住民に迷惑をかける行為、危険な行為、違法駐車、ゴミの投げ捨ては絶対に行わないでください。マナーを守って鉄道趣味を育てていきましょう。

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.