鉄道ホビダス
  • TOP
  • 編集長敬白

20160721160125-0e4dee61ec7db895dc4b462f87d2a51596e97a17.jpg
▲開業から廃止まで、唯一の電動貨車として孤軍奮闘を続けたモワ51の牽く貨物列車。'65.6.6 木場-板井 P:田尻弘行 (RMライブラリー『新潟交通電車線』下巻より)
クリックするとポップアップします。

今月のRMライブラリーは、先月に引き続き、寺田裕一さんによる『新潟交通電車線』の下巻をお届します。上巻ではその沿革を紐解きましたが、下巻では各駅の紹介とともに、歴代の車輌群を解説します。

20160721160154-a9080cd18635f2099534b2ffaa0e1fe4e41820a3.jpg新潟交通と言えば、正面2枚窓の、いわゆる日車標準型電車が思い浮かびますが、1933(昭和8)年の開業時に導入された電車もまた、日本車輌製でした。内訳はボギー電動客車4輌(モハ11~14)、同制御客車2輌(クハ31・32)、軌道線内折り返し用の2軸電動客車2輌(モハ1・2)、それに電動貨車1輌(モワ51)です。ボギーの電動客車4輌と制御客車2輌は、最後まで残ったモワ51と同じ意匠の正面を持つ、鉄道線にしては細面な印象の車体長12mほどの小型車でした。

20160721160231-1d3b05b5c487c236e61da35c316edf14666807d4.jpg
▲各駅の紹介。燕は唯一の他線との接続駅であり、「終点」であったが、運転上は燕発の列車が下り列車とされていた。 (RMライブラリー『新潟交通電車線』下巻より)
クリックするとポップアップします。

その後、乗客は増加するものの、時代は戦時下へと移っていき、車輌の増備も思う様にできなくなります。1944(昭和19)年には軌道線の折り返し運転を中止し、モハ1・2を川崎市電へ譲渡することと引き換えに制御車2輌を購入するなど、苦しいやり繰りが続きました。戦後はモハ63形を導入した東武鉄道から車輌を譲り受けたり、国鉄から買収国電の払い下げを受けるなど、他の多くの地方私鉄にも通じる動きがありました。1960(昭和35)年初頭の時点では、電動客車9輌、制御客車8輌、電動貨車1輌の態勢となっていました。

20160721160256-b553f9984c6f89174732b872745a8ea114328f13.jpg
▲右上はクハ36+二代目モハ16(更新前)の編成。クハ36は初代モハ16を電装解除したものであり、両者とも後に元小田急の車体に更新されている。 (RMライブラリー『新潟交通電車線』下巻より)
クリックするとポップアップします。

そして1960(昭和35)年からは、木製車体だったモハ19を皮切りに、日車標準車体への更新が始まります。これは1969(昭和44)年までの9年間にわたり、電動客車9輌が登場しました。さらに1967(昭和42)年からは小田急電鉄から1400形などの車体を譲り受ける形での更新も開始され、こちらは1970(昭和45)年までに制御客車7輌、電動客車1輌が登場。これにより、元鉄道省キハ41000形のクハ37と元西武のクハ39、そして電動貨車モワ51以外の電車はすべて更新されました。これらの更新では旧番号を引き継いだもの、車籍を引き継ぎながら新番号となったもの、新造扱いとなったものなど様々でした。中でもモハ16は日鉄自による新造車の初代と元伊那電の買収国電だった二代目があり、二代目の後に小田急車体に更新されていることから、「モハ16」というだけで3つの形態があるという状況になったのです。

20160721160318-16b291fb5c4c4633d3579f2e875d352949eab4c2.jpg
▲国鉄からの払い下げ車も3輌在籍した。元キハ41000形のクハ37は正面2枚窓の姿が有名だが、入線当初は国鉄時代に近い4枚窓の姿で、台車もTR11であった。 (RMライブラリー『新潟交通電車線』下巻より)
クリックするとポップアップします。

本書ではこのように複雑な変遷を辿った車輌群について、最後の増備車となった元小田急2220形まで、貨車も含めて解説していきます。ご存知の通り、開業以来、奇跡的に姿を変えることなく廃止まで在籍し続けたモワ51は、今も月潟駅跡でモハ11・キ116とともに大切に保存されています(アーカイブ「新潟交通の保存車輌を訪ねる」参照→こちら)。夏休みの一日、本書を片手に訪ねてみてはいかがでしょうか。

※明日は不在のため休載させていただきます。

20160721160522-ce72bb44ef5c0f8ea3fc5104645ea8b4cf03211b.jpg

20160621184435-2ab2047f8db35676be54704248aeffcf9d90f1e5.jpg

20160411195235-4d1d42b37f1bb46cf57b6a5f3d9d5a243b6ce5fc.jpg

20150603134641-07e5f8358df8eaf602b9261fe035b9c3c2d5d661.jpg

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.