鉄道ホビダス

2011年8月19日アーカイブ

kie_110819_.ef65.jpg

1988年、JR西日本が主に「シュプール号」に用いることを目的に改造された。車体塗装の変更以外に車内は種車の簡易リクライニングシートから、背面テーブル付、角度の大きいリクライニングシートを備え付けられた。「シュプール号」の運用減少後は、「ムーンライト九州」や団臨での使用が多かったが、2009年10月には全車が廃車となった。なお、オハフ15は展望室付の車輌として活躍していた。画像は「ユウユウサロン岡山」専用機であるEF65 123に牽引される同車輌使用の団臨。 '01.2.15 山陽本線 岩国-大竹 '01.2.15 P:泉谷 純

レイル・マガジン

2011年8月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.