鉄道ホビダス

オロハネ10 503

orohane.jpg

日本では少ない中央扉の1・2等合造寝台車(当初は非冷房でナロハネ10)で、ロネ側はプルマン式。1958(昭和33)年に誕生し、1~5は中央東西線の準急「アルプス」「きそ」に連結された。信越本線の準急「妙高」などに使われた6~9は北海道に転属後、耐寒改造工事を受けて501~504に改番(のちに2が追加され505)。冷房化はロネが1964年、ハネが1969年。北海道では準急「石北」(のちの「大雪」)「たるまえ」、「利尻」などに投入された。本州では急行「さんべ」に5年間ほど使われ、北海道では1977年以降「利尻」と「大雪」から外され、1979年に全廃を迎えた。 '75.9.18 札幌運転区 P:内藤健作

レイル・マガジン

2006年5月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.