鉄道投稿情報局

【西武】多摩川線247F運転開始

大手私鉄 2010.03.24
小野雄一郎(東京都)
2010_03_22_ono_yuichiro001.jpg
車体側面の掲載作品を描いた児童8名を招待して、武蔵境駅ホームでは出発式が開催された。
‘10.3.22 西武鉄道多摩川線 武蔵境 P:小野雄一郎

2010_03_22_ono_yuichiro002.jpg
運転を開始した247F。
‘10.3.22 多摩川線 新小金井―多磨 P:小野雄一郎


多摩川線の白い101系が営業運転を開始した。
‘10.3.22 西武鉄道多摩川線 多磨 P:福田智志

2010_03_22_tamaki_yuichi006.jpg
武蔵境を目指す四季を彩ったラッピング電車。
‘10.3.22 西武鉄道多摩川線 新小金井 P:玉木裕一

2010_03_22_tamaki_yuichi002.jpg
先頭車の車体側面には沿線の小学生が描いた絵が装飾されている。
‘10.3.22 西武鉄道多摩川線 武蔵境 P:玉木裕一

 3月22日(月)、真っ白な車体で話題となっていた新101系247Fがラッピングを施して運転を開始した。このラッピングは、沿線の小学生から「春」をテーマにデザインを募集したもので、両端の先頭車側面にそれぞれ2点ずつ掲出し、先頭部および乗務員室扉付近には「春 SPRING」のロゴが描かれている。運転初日には、ラッピングを描いた児童8人への感謝状授与および出発式が武蔵境駅ホームにて催された。また、武蔵境駅1階部分では、応募作品の展示も併せて行われている。
 なお、ラッピング車輌は四季ごとに登場する予定で、6月ごろに夏、9月ごろに秋、12月ごろに冬のデザインの車輌が登場する予定である。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加