鉄道投稿情報局

快速「新春初詣やまどり」を運転

JR東日本 2022.01.09

大森岳人(東京都)

夕刻の高尾を後にし、高崎へ戻る「やまどり」。

‘22.1.3 中央本線 八王子~豊田

往路高尾までの乗客を送り届け、折返し整備のため豊田車両センターへ回送される「やまどり」。

‘22.1.3 中央本線 豊田~日野

 2022年1月2・3日、高崎~高尾(大宮・武蔵野線経由)間にて、快速「新春初詣やまどり」が運行された。

 以前は新前橋電車区の165系や、八高線経由でDD51牽引12系客車による高崎方面から高尾山への初詣団体列車が運行されていたが、ここ数年は高尾(高尾山)への初詣団体臨時列車は、コロナ禍の影響もあってほぼ皆無となっていた。来年以降の運行も期待したい。

編集部追記】「やまどり」は高崎車両センターに所属する485系改造の臨時列車用車両で、6両編成。車体は完全に新製されたものに置き換えられており、外観上は485系の面影は残っていない。6両編成中、4両が「せせらぎ」、2両が「やまなみ」から再組成された経緯を持ち、この時に従来のグリーン車から普通車に変更されている。JRグループ全体でも、485系はこの「やまどり」と、同じく高崎に所属の「華」の2編成しか残されていないのが現状である。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加