鉄道投稿情報局

JR四国 須崎駅舎リノベーションの祝典を開催

JR四国 2021.12.21

中村年秀(高知県)

須崎駅前広場と樹木を飾るイルミネーション。

‘21.12.18 土讃線 須崎

 2021年12月18日、 JR四国の土讃線須崎(すさき)駅が英国風の駅舎「海のまち須崎駅」としてリノベーションされた記念に、15:30より一般車両を進入禁止にして、駅前広場で楠瀬須崎市長始め、JR四国の長戸常務、濵田高知県知事等、数多くの市民の代表が参加して、クリスマスイルミネーション点灯式が行われた。

 高知県ではコロナ禍も落ち着いてきており、須崎市長は久しぶりに多くの市民にお会いできたとして喜びの意を表していた。

編集部追記】須崎駅の現駅舎は1955年製の鉄筋コンクリート建築で、元は極めてシンプルな外観の建物であった。今回のリノベーションにより、英国レトロ風な三角屋根を追設する形で面目を一新。英国風とした由来は、同駅が高知県鉄道発祥の地(1924年に須崎~日下間で開業)であることから、世界鉄道発祥の地である英国に敬意を表したもの。

185系

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加