鉄道投稿情報局

新型総合検測車「DEC741形」が試運転

JR西日本 2021.11.16

松田信彦(大阪府)

西に向かうDEC741形。

‘21.11.14 東海道本線 大阪~塚本

DEC741形が東海道本線を西下。

‘21.11.14 東海道本線 島本~高槻 P: 原田大輔

DEC741形が東海道、山陽本線を下る。

‘21.11.14 山陽本線 舞子〜朝霧 P:上船尋史

‘21.11.14 山陽本線 竜野~相生 P:今宿 匠

 2021年11月14日、 JR西日本の新型検測車 DEC741形(E1編成)が、向日町操車場から幡生まで9371Dのダイヤで回送された。特筆されるのが、下関側DEC741-101の屋根上のパンタグラフが撤去されていたこと。沿線では多くのレイルファンがカメラを向けていた。同車は2022年4月より架線検測を開始し、2025年度に電気設備の検査を開始する予定だ。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加