鉄道投稿情報局

【JR西】413系B08編成が検査を終え出場

JR西日本 2019.12.07
宮島昌之(石川県)

20191206231723-b913b3a884e3ceb5ca28325543b4ee7aae470580.jpg
521系への置き換えを前に最後の全般(重要部)検査を受けたと思われる413系B08編成。
‘19.12.5 北陸本線 金沢

 主にJR七尾線で使用されている金沢総合車両所所属の413系B08編成が、金沢総合車両所松任本所での検査を終え2019(令和元)年12月5日に出場、北陸本線で試運転を行った。
 床下機器の状況からモハ412-8とクモハ413-8は全般検査、クハ412-8は重要部検査を受けたものとみられる。
 JR七尾線では、2020年秋頃から車載型IC改札機を備える521系の新車を順次導入して旧車輛を置き換え、2021年春までにICOCAエリアを同線に拡大する予定と告知されている。
 過去の動向から413系や415系800番代の大がかりな法定検査は3年6ヶ月前後の周期で実施されていて、B08編成に新たな役目を与えられない場合、今回がB08編成最後の全般(重要部)検査になると思われる。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加