鉄道投稿情報局

【京急】新行き先表示の話題

大手私鉄 2019.11.25
瀧井翔一(東京都)

20191125181154-1dbf79d67fa8c9d5e136273bf0d44e00c97d9f0f.jpg
羽田空港の字幕やLED行き先表示には、飛行機マークがつくようになった。
‘19.11.21 京浜急行電鉄本線 金沢文庫

 京浜急行電鉄では、2019(令和元)年10月頃からLED行き先表示及び側面の方向幕・LED表示に変化が出ている。2020(令和2)年3月に新逗子駅が「逗子・葉山」に、羽田空港国際線ターミナル駅が羽田空港第3ターミナル駅に改称されるなど、合計6駅の駅名が変わるためで、特に行き先表示の「逗子・葉山」を追加、羽田空港表示は飛行機マークにそれぞれ対応したものとなっている。
 2019(令和元)年11月時点で、600形606編成(すみっコぐらし 空と海 すいすい号)や1500形1565編成などが更新されているが、前面LED行き先表示はそのままで側面の字幕・LED行き先表示器を「逗子・葉山」対応にした編成も存在する。このため、行き先表示の更新しているかどうかの確認は、現段階で羽田空港行きに充当される場合もしくは起終点において字幕の表示を変える時に限られる。2020(令和2)年3月までに、在籍する編成の更新を完了させ、駅名改称に備える計画だ。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加