鉄道投稿情報局

【JR貨】新塗装のEF210-106が日中初めて東海道本線を上る

JR貨物 2019.05.17
大谷真弘(静岡県)

20190517195821-b65490c88a9b826c700251b87f5038a0c88a1fd9.jpg
幡生操車場から東京貨物ターミナルまで運転された。
‘19.5.13 東海道本線 掛川―菊川

 5月13日、幡生操車場発東京貨物ターミナル行きの1070レが吹田機関区所属のEF210-106の牽引で運転された。同機は、白線2本の新塗装に変更された車輌であり、日中に東海道本線で運転されるのは初めてとみられる。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加