鉄道投稿情報局

【JR貨】ロングレール輸送列車の話題

JR貨物 2018.10.30
大谷真弘(静岡県)

20181030132539-ffb07768f5301ea7df60aedbbffe9ca1c62cab5c.jpg
チキ12輌編成で首都圏を目指し、東海道本線を上る。
‘18.10.29 東海道本線 掛川―菊川

 北九州貨物ターミナル発のロングレール輸送列車(8090レ)がレール専用チキ21輌で10月28日に出発し、山陽・東海道本線を上った。首都圏へのロングレール輸送は、発駅基準で7月2日発の東鷲宮行き以来、約4ヶ月ぶりの輸送となった。

 チキ21輌のうち、9輌を西浜松で開放したあと、チキ12輌が東鷲宮行き(チキ9輌:チキ5400-5・チキ5500-1・2・3・チキ5450-3・チキ5500-4・5・6・チキ5400-6、60Kg150mレールを計28本積載)と東京貨物ターミナル行き(3輌:チキ5500-13・14・15、60Kg50mレール計28本積載)の輸送となった。なお、幡生操車場から相模貨物までは、吹田機関区所属のEF66 109が牽引した。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加