鉄道投稿情報局

【JR西】阪和線 車輌運用変更

JR西日本 2016.12.26
見学 智(大阪府)
20161226175855-f39f5abae288e0d05894eee354e908551370da4b.jpg

225系5000番代2次車が充当された普通電車。23日までは103系の運用だった。
‘16.12.25 阪和線 和泉橋本―東佐野

20161226175935-8a747945f30693ce05bb417de19d13032db249ec.jpg

225系5000番代2次車に置き換えられた和歌山発の区間快速。
‘16.12.26 阪和線 新家―長滝

 12月24日、阪和線の車輌運用が変更され、4扉通勤型車輌による列車が3扉車に置き換えられた。

 23日まで103・205系4輌編成で運用されていたA41~44運用が全て223・225系4輌編成に変更、新たにA41~51運用に整理された。また、103・205系6輌編成で運用されていたA21~28運用のうち、A23・24運用が225系5000番代2次車の6連に変更、8運用あったものが6運用に減。225系5000番代2次車6連の運用が4運用から6運用に増となった。

 これにより平日一日一本の貴重な存在であった和歌山発の区間快速2306Hが225系5000番代2次車6連に変更され、長らく親しまれた103・205系の運用ではなくなり、4扉車4輌編成の運用消滅となった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加