鉄道投稿情報局

【北陸鉄道】石川線で〈妖怪電車〉運転

その他私鉄 2015.07.27
宮島昌之(石川県)
20150727172357-4844aafc8ee00a0a370ef137bec28c473fe1be88.jpg

夕闇迫るなか発車を待つ〈妖怪電車〉。普段使わない「識別灯」を灯すことで更に怪しい表情に。
‘15.7.26 北陸鉄道石川線 野町(構内踏切より安全を確認し撮影)

20150727172817-26034f50180b36098ef8ab99363485af471a7fa5.jpg
新しく作り直したヘッドマーク。同線では珍しい鍵穴の様な形に。
‘15.7.26 北陸鉄道石川線 野町(構内踏切より安全を確認し撮影)
 7月26日、北陸鉄道石川線で恒例となった臨時〈妖怪電車〉が、野町~鶴来間(片道のみ)で計3便運転された。

 同イベントを企画した地元白山市の有志が、暗い車内に様々な仕掛けを施し、自ら妖怪に変装して乗り込んでいて、利用客自ら妖怪風の仮装やメイクをしての乗車も歓迎された。

 今年も旧京王3000系のモハ7701+クハ7711が使用されたが、今回オリジナルヘッドマークを新しく作り直し、形も従来の丸型から同線では珍しい鍵穴の様な形になったほか、掲出方法も前面の行先表示器に直接固定する改良が施された。さらに今年は、普段使用しない「識別灯」を点灯させていて、特に薄暗い夕刻の走行など、怪しい表情に見える粋な演出もされていた。

 なお、終着の鶴来駅前では今年も「鶴来の夏祭り」の協賛行事として「駅前縁日」が催され、大道芸パフォーマンスや屋台が並び、賑わっていた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加