鉄道投稿情報局

【真岡鐵道】C11+C12重連運転

その他私鉄 2009.01.13
榎本 守(東京都)
2009_01_11_enomoto_mamoru001.jpg
晴れ上がった冬空の下、C11とC12の名コンビが快走。
‘09.1.11 真岡鐵道真岡線 寺内―真岡 P:榎本 守

2009_01_11_kato_takahiro001.jpg
絶気合図を出し合い、力走するC12 66+C11 325。
‘09.1.11 真岡鐵道真岡線 西田井―北真岡 P:加藤貴大
 真岡鐵道〈SLもおか〉号で活躍している2機の蒸気機関車、C11 325とC12 66。この2機重連による〈SLもおか〉号が1月11日に運転された。
 区間は下りが下館―茂木間、上りが茂木―真岡間(真岡から下館への送り込み回送はC11 325を先頭にしたプッシュプル運転)であった。通常C12 66が牽引することが多い〈SLもおか〉号であるが、昨年春以来の重連運転で、今回は下りの先頭はC11 325、上りはC12 66が務めた。
 小型の蒸気機関車ではあるが、重連になると迫力十分で、2機は見事に協調して、沿線に汽笛とドラフトを響かせた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加