鉄道投稿情報局

水島臨海鉄道、岡山デスティネーションヘッドマーク付き列車走る

その他私鉄 2022.07.24

正清雄也(岡山県)

MRT304「ひまわり号」に、倉敷市内を走る6つの鉄道会社が共同企画として制作したヘッドマークが掲出された。

‘22.7.23 水島臨海鉄道水島本線 球場前~倉敷市

ヘッドマークの図案はJR西日本のものと共通。

‘22.7.21 水島臨海鉄道水島本線 倉敷市

 2022年7月1日〜9月30日まで、大型観光キャンペーン、岡山デスティネーションキャンペーン(岡山DC)が開催されている。

 7月14日には、JR西日本、JR貨物、岡山電気軌道、智頭急行、井原鉄道、水島臨海鉄道という、岡山県内を走る鉄道会社6社の共同企画として、JR西日本の113系1編成にヘッドマークを取り付けて運転するとの発表があったが、水島臨海鉄道でもこれと同じ図案のヘッドマーク付き列車の運転が開始された。

 掲出車両は、MRT304「ひまわり号」で、ヘッドマークには参加6社の人気のキャラクターなどが描かれている他、文字で「岡山の旅を盛り上げます こころ晴ればれおかやまの旅」と書かれている。

 運転時刻は不定期で、平日の朝と夕方の通勤時間に2両または1両編成、土日祝日は1両編成となる。ヘッドマーク掲出期間は7月21日〜9月30日までの予定。

関連記事
岡山の鉄道会社6社連携のヘッドマークで、岡山DCを盛り上げる!
岡山の113系に、岡山デスティネーションキャンペーン記念のヘッドマーク掲出中!

185系

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加