鉄道投稿情報局

あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道で、DE15 1004の試運転

その他私鉄 2021.11.10

宮島昌之(石川県)

ウイングを広げフランジャーを下げて走行するDE15 1004。

‘21.11.9  IRいしかわ鉄道 津幡~倶利伽羅

IRいしかわ鉄道で新たに導入したとみられる軌道モーターカー。

‘21.11.9  IRいしかわ鉄道 津幡(普通列車の車内より撮影)

  2021年11月9日、あいの風とやま鉄道が所有するDE15 1004が、富山貨物~金沢間(あいの風とやま鉄道とIRいしかわ鉄道の両線)を往復し試運転を行った。大雪の際などレールに積もった雪を取り除く排雪作業の訓練を行ったものとみられる。

 あいの風とやま鉄道運転管理センターではDE15 1004の出区前点検の様子を富山県の報道各社に、IRいしかわ鉄道の津幡駅では試運転の模様を石川県の報道各社に公開した。

 なお、IRいしかわ鉄道では排雪機能を有する軌道モーターカーを新たに1台導入した模様で、今回の試運転に合わせ津幡駅隣接の施設センター内で報道各社に披露していたほか、あいの風とやま鉄道では2021年3月にENR-1000形ベースと思われる投排雪保守用車1台を導入したと公表している。

185系

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加