鉄道投稿情報局

キハ200系3色編成による秘境駅ツアー列車

JR九州 2021.10.05

 阿部郁夫(大分県)

3色のキハ200・220形で秘境駅を訪問する大分県民限定の日帰りツアー。

‘21.10.2 日豊本線 宗太郎

 2021年10月2日、JR九州主催のオリジナルツアー、「彩り豊かな列車で行く! 秘境駅「宗太郎」への旅~新鮮な佐伯の海鮮丼をご堪能~」が開催された。行程は大分~佐伯~重岡~宗太郎~大分で、使用された車両はキハ220形赤+キハ220形青+キハ200形黄色2両の4両編成だった。途中の重岡では「36ぷらす3」との行き違いがあり、和太鼓によるおもてなしが実施された。

【編註】日豊本線宗太郎駅は、大分県最南端に位置する県境の無人駅。列車運行は大分県側がJR大分支社、宮崎県側がJR鹿児島支社の管轄で、当駅はその狭間で停車する直通列車が下り1本、上り2本の1日計3本と大変に少ない。青春18きっぷ利用者の間では踏破の難易度が高いことで知られ、宮崎県側の隣駅市棚駅と合わせて「宗太郎越え」と呼ばれることもある。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加