鉄道投稿情報局

【山陽】3000系3100Fが飾磨行き普通の運用に充当される

その他私鉄 2020.02.11
小原正裕(兵庫県)

20200210153201-b59cd6071a52697580610514e8c17a7ac4407cb1.jpg
高速神戸発飾磨行き普通の運用に充当された3100F。ワンマン化は未施工で網干線の運用には入らない。
‘20.2.9 山陽電気鉄道本線 西代

20200210153246-6382b011f6e30366ee0d76388990a5c1d091bc98.jpg
姫路方先頭の鋼製車3619は無塗装アルミ車の3100、3101に合わせて灰色に塗装されている。
‘20.2.9 神戸高速線 新開地

 山陽3000系3100Fが飾磨行き普通の運用に充当された。下り飾磨行き普通は毎日夜間の3本しかなく、同編成の充当は珍しい。3100Fはアルミ車で、神戸方のMc車3100、M車3101のユニットと鋼製車の姫路方のTc車3619の3連からなる山陽の名物編成。アルミ車で無塗装の3100、3101に合わせて3619をアルミ車に似せた灰色に塗装している。3619は現行の3000系鋼製車の塗装に塗られたことがなく、現在3030Fで実施されているリバイバル塗装とほぼ同じ塗装から現在の塗装に変更された。3100、3101は1983年製のアルミ車であるが、3619が1969年製で車齢が50年を超え、3両とも未更新車であるため、同編成の今後が気になる。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加