鉄道投稿情報局

【JR西】「おわら風の盆」に伴う臨時・増結運転

JR西日本 2019.09.02
宮島昌之(石川県)

20190902092641-f83a775018c83fbfd078e4a827c6dfd99d39203e.jpg
キハ120形は増結され4輌編成で運転。
‘19.9.1 高山本線 西富山

20190902092740-f0a6551362bfa932d838ae5b2a0143867dfb7841.jpg
城端線や氷見線で主に使用されるキハ47形も応援に駆け付けた。
‘19.9.1 高山本線 西富山

20190902092821-7f8e860df3826751e7f18c1710308f5206d5cd0a.jpg
キハ47形と交換するキハ120形。リニューアル改造されて間もないキハ120 22(美祢線色)も観客の輸送を担った。
‘19.9.1 高山本線 西富山

 例年9月1日~3日にかけて富山県富山市八尾町で開催される祭事「おわら風の盆」に訪れる多くの観客の輸送を行うため、高山本線の富山~猪谷間では、金沢総合車両所富山支所所属の気動車による臨時列車(普通および快速)が運転された。
 あわせて所定の定期普通列車も含め普段より車輌を増結して運転された。
 キハ120形は4輌編成で運転されたほか、城端線や氷見線で主に使用されるキハ47形も応援として投入され、初日の2019(令和元)年9月1日は富山方よりキハ47 140+キハ47 1134+キハ47 1064とキハ47 138+キハ47 42+キハ47 1015の各3輌編成、合わせて2本が使用された。
 なお、2018(平成30)年7月の集中豪雨による土砂流入のため昨年は運休となっていた臨時特急〈ワイドビューひだ90号〉(越中八尾~高山間)は、今年は無事運転が再開された。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加