鉄道投稿情報局

【JR貨】大宮車両所入出場機の話題

JR貨物 2019.08.29
藤原匡秀(東京都)

20190829183828-2863331d0c9094ae5b914715716f12b901e2de28.jpg
EF65 2070〔新〕の牽引で大宮駅貨物13番線に入線するEF65 2088〔新〕とHD300-2〔新〕。
‘19.8.28 東北本線 大宮

20190829183954-d4ef6b01160f05e92208a8df794ad653ea4530c5.jpg
大宮駅11番線に据付後、回送線経由で東大宮(操)へ向かうEF64 1043〔愛〕。
‘19.8.28 東北本線 大宮

 2019(令和元)年8月28日JR貨物大宮車両所では、1日で機関車3機の同時入出場があった。入場機は新鶴見機関区所属EF65 2088及び同機関区所属HD300-2。出場機は愛知機関区所属EF64 1043が全般検査終了及び「国鉄色」に塗装を復刻され出場。大宮~東大宮(操)~大宮(操)~西浦和~府中本町~新鶴見(信)の経路で新鶴見機関区まで無動力で回送された。入出場機の牽引機は、新鶴見機関区所属EF65 2070がそれぞれ全区間担当した。
 入場機のEF65 2088とHD300-2は、前者は「国鉄特急色」に復刻、後者は、JR貨物の方針で2018年度以降各車両所で検査を受ける新形式については、「JRF」ロゴマークは消去することになっているため、同機のキャブ台側面のロゴマークは消去される模様である。なお、電気機関車とハイブリッド機関車の同時入場は、5月22日のEH500-2〔仙貨〕及びHD300-4〔新〕以来である。
 出場機のEF64 1043が輸送される際には、牽引機が「国鉄特急色」EF65 2070のため、原色同士の重連での輸送となった。これは、4月16日に出場したEF64 1034が本日と同じEF65 2070牽引で輸送されたとき以来である。また、同機で愛知機関区のEF64 1000番代の「国鉄色」機は8輌目となる。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加