鉄道投稿情報局

【JR東】 719系5000番代山形車を使用した乗務員訓練が行われる

JR東日本 2019.07.26
片平宏之(宮城県)

20190726165929-b5acb19bf88b67c410888b0de5999603b0a2b58e.jpg
乗務員訓練の際には福島駅の6番線が使用された。
‘19.7.25 奥羽本線(山形線) 福島

 令和元(2019)年の7月25日(木)に山形車両センター所属の719系(標準軌仕様)を使用した乗務員訓練が行われた。訓練の際には同車両センター所属の719系Y-4編成が使用されており、列車番号は「9425M」を表示したほか、両先頭車の貫通扉の窓には、かつて奥羽本線を走っていた際に485系電車に採用されていた特急〈つばさ〉のイラストヘッドマークをモチーフにしたステッカー式のオリジナルヘッドマークが張り付けた。なお、同ヘッドマークにはともに”訓練列車”と記している。また、車体側面の窓には”乗務員訓練”と書かれた紙が張られていた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加