鉄道投稿情報局

【箱根登山】モハ1型103-107編成の貸切団体列車運転

その他私鉄 2019.07.08
武内 智(東京都)

20190707233831-e9043f6b66cf84090cb2510e4ebbe0d6decea3c5.jpg
紫陽花が咲く箱根山で、最後のツリカケサウンドを鳴り響かせるサンナナ。
‘19.7.5 箱根登山鉄道 大平台ー宮ノ下

 7月5日に箱根登山鉄道モハ1型103-107編成が、箱根湯本ー強羅間で貸切列車として運転された。これは引退記念ツアー「ツリカケサウンド満喫コース」で、午前と午後それぞれ設定された。
 103―107編成こと通称サンナナ車内では、往復共に自動放送や案内放送は終点までなく、床の一部にシートが設けられ、直に録音機器を置いたり、耳を床に当てて走行音を楽しむことができ、ツリカケサウンドを満喫できる内容だった。車籍上、箱根登山鉄道開業時から約100年に渡り走行し、最後の吊り掛け駆動車両ということもあり、走行音を楽しんだり沿線で撮影している方も多く、大変賑わった。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加