鉄道投稿情報局

【JR貨】保線用操重車の甲種輸送

JR貨物 2019.07.03
長谷川智紀(東京都)

20190703210037-64e046e6ea785d63e3af79037b2d4cfc8e453bb8.jpg
控えのコキ車まで色を揃えたような甲種列車。
‘19.7.2 東海道貨物線 大船ー横浜羽沢

 7月2日に、JR東日本向けの保線用操重車の甲種輸送が川崎貨物〜相模貨物間を往復した。牽引は全区間、EF65 2083が担当。相模貨物方にクレーンブームの控え車としてコキ106-357を連結した編成だった。これは老朽化の進んだGS-80「スーパービートル」の置換え用と推測されるが、折り返して発駅に戻る形の甲種輸送は珍しく、同日に相鉄向けの甲種輸送も運転されていたため、撮影可能な駅には多くの撮影者が訪れていた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加