鉄道投稿情報局

【JR東】485系3000番代6輌 郡山配給輸送

JR東日本 2018.12.07
藤原匡秀(東京都)

20181207222701-37fab006c7e28697e3a2ca6bc9400116405431a5.jpg
また1本、485系が廃車のため送り込まれて行く。
‘18.12.6 武蔵野線 吉川 P:小林瞭仁

20181207222757-879939a7e47d960b173b57a4fadf37fb97d747c7.jpg
長年留置されていたため、錆や汚れが目立つ。
‘18.12.6 武蔵野線 南流山 P:前田明彦

20181207222538-40bc727237fb77c0bd4dc58dbe401f9edf001e64.jpg
青森~郡山間の道中、吹上駅で特急列車を待避する485系3000番代。
‘18.12.6 高崎線 吹上 P:藤原匡秀

 JR東日本では、盛岡車両センター所属で同センター青森派出所に留置されていた485系3000番代6輌を、12月5日から6日にかけて青森~東能代~秋田~酒田~新津~宮内~高崎~大宮~田端(操)~馬橋~南流山~大宮(操)~郡山間の経路で、郡山総合車両センターまで配給輸送を行った。廃車のためと思われる。牽引機は、全区間を秋田車両センター所属のEF81 136が担当した。

 今回輸送された編成は、A1編成4輌と増結用2輌(新青森方からクロハ481-3016+モハ485-3031+モハ484-3031+モハ485-3049+モハ484-3049+クハ481-3006)で、今年10月8~9日の4輌(モハ485・484-3062・3047)と、10月31日~11月1日の6輌(A5編成4輌+増結用モハ485・484-3081)に次いで、3度目の配給輸送となる。なお、A1編成は、青森~函館間の特急〈白鳥〉の最終運行日となった2016年3月21日に運用された編成であり、今回の配給輸送で同編成全車が廃車となる模様である。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加