鉄道投稿情報局

【JR貨+西武】新型特急車輌001系 甲種輸送

JR貨物大手私鉄 2018.10.29
近藤規夫(東京都)

20181029192956-e1060af37fd7a96f1f3b289422d083026785e5c9.jpg
大きな窓の新型車が機関車に牽引される姿は、かつてのジョイフルトレインを彷彿とさせる。
‘18.10.28 東海道本線 共和―大府 P:阿部雄司

20181029193016-18735397e52228675f33c6fe62628c9c65c73c11.jpg
横浜羽沢からは原色白プレートとして注目を浴びるEF65 2101が牽引した。
‘18.10.28 東海道貨物線 鶴見―新鶴見信号場 P:笠原総人

20181029193036-94ea40e4036941c93ddfc62c4323e5ac937e7707.jpg
自社線内は263編成が牽引を担当。側窓寸法の差異が際立つ。
‘18.10.28 西武鉄道 池袋線 所沢―西所沢 P:近藤規夫

20181029193056-c6f1592a75dad159a22e455b0f29fe58c0fd7d29.jpg
最後尾ではマスコットのレオがお見送り。
‘18.10.28 西武鉄道 池袋線 所沢―西所沢 P:近藤規夫

 10月26日から28日にかけて、西武鉄道の新型特急車輌が輸送された。同社の特急形車輌が新製されるのは、現行の10000系以来、約25年ぶりとなる。輸送の際しての牽引車輌は、下松~横浜羽沢間がEF210-106〔吹〕、横浜羽沢~新秋津間がEF65 2101〔新〕、そして西武線内は新101系263編成であった。

 当該車輌は、両先頭車および車輌番号と思われる箇所がシートで覆われていたため、詳細なデザインなどは不明であるが、車体側面は銀色で、大きな側面窓が特徴的であった。なお、10月29日付けのニュースリリースで、形式は001系で愛称名は”Laview”、運行開始は2019年3月が予定されていること、そして池袋・西武秩父線で活躍中の10000系を置き換えていくことが発表された。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加