鉄道投稿情報局

【鉄道博物館】2018年秋の企画展「貨物ステーション~カモツのヒ・ミ・ツ~」開催

その他 2018.10.19
RM(取材協力:鉄道博物館)

20181019125444-a22cb78156ecdc9dbef8b9f7f94bb51f5cfe78d6.jpg
展示会場の冒頭では、鉄道貨物輸送の特徴などを解説するほか、迂回輸送で実際に使用されたヘッドマークを展示している。
‘18.10.18 P:RM

20181019125507-1996382d5803199af8143bb0039091cbdf434b22.jpg
鉄道貨物輸送の歴史を各種資料とともに紹介するブース。国鉄時代の貨物輸送の象徴、〈たから号〉のヘッドマークも展示されている。
‘18.10.18 P:RM

20181019125531-7a049bb09931aa069659d315faab9874cdb8b75d.jpg
現在のコンテナ輸送について紹介するブース。普段は立ち入ることのできない貨物駅構内で撮影された映像資料とともに、車票や後部標識などの各種部品やスタフなどの乗務員の携行品なども展示されている。
‘18.10.18 P:RM

20181019125554-deae4e4992a7a5195ea197193c9e023645c8ed3a.jpg
幻となった貨物新幹線構想や鮮魚輸送などを紹介するコーナー。
‘18.10.18 P:RM

 鉄道博物館では、明日10月20日から2019年2月24日までの会期で、2018年秋の企画展「貨物ステーション~カモツのヒ・ミ・ツ~」を開催する。これは鉄道貨物輸送に焦点を当てたもので、最初に貨物と旅客との違いや鉄道貨物輸送の特徴などを説明するほか、鉄道貨物輸送の歴史を各種資料や写真などを交えながら解説していく。そして、現在のコンテナ主体の貨物輸送については、越谷貨物ターミナル駅などで早朝から深夜まで密着取材した映像なども展示しているほか、実際の運転に使用されている部品なども展示されており、総体的に理解を深めることができるだろう。

 展示会場は鉄道博物館本館2階のスペシャルギャラリー1で、入場料は無料(鉄道博物館の入館料のみで観覧可能)。なお、展示スペースは一部を除いて写真撮影は禁止であり、これらは報道公開時に撮影したものである。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加