鉄道投稿情報局

【JR海+JR貨+名古屋臨海】JR東海向けマルタイ甲種輸送

JR東海JR貨物その他私鉄 2018.10.03
宮下幸市(愛知県)

20181003180911-e360bc08b7c1c7ae7d7391828d5f37a713e99c66.jpg
名古屋臨海鉄道からバトンを引き継ぎ、EF210がマルタイ輸送の先頭に立つ。
‘18.10.1 東海道本線 笠寺(敷地外より撮影)

 9月28日から10月2日にかけて、JR東海向けのプラッサー&トイラー製マルチプルタイタンパー(通称「マルタイ」)「09-16」が東名古屋港~東港~多治見間で甲種輸送された。東名古屋港~東港間は9月28日に運転されて名古屋臨海鉄道のND55210が牽引。東港~多治見間は10月1日から2日にかけて運転されて東港~笠寺間は名古屋臨海鉄道ND602が、笠寺~稲沢間は新鶴見機関区所属のEF210-112が、そして稲沢~多治見間は愛知機関区所属のEF64がそれぞれ牽引した。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加