鉄道投稿情報局

【JR東】E655系”和”による団臨運転

JR東日本 2017.08.07
勝浦帆玖斗(静岡県)

20170807151558-58075794dc71ad4749de281bf283bbf2398e5dd3.jpg

車体を夕日で輝かせながら上野に向かうE655系(復路)。
‘17.8.5 篠ノ井線 南松本―平田 P:勝浦帆玖斗

20170807151730-b051001bea60b1c8a573226debd84e0f0ab18c32.jpg

多くのレイル・ファンに見届けられ、中央本線を下る”和”(往路)。
‘17.8.5 中央本線 立川―日野 P:池田智哉

 8月5日に、「ハイグレード車両『和(なごみ)』で行く 信州松本を訪ねる日帰りの旅」の2回目の運転が、上野~松本間(常磐線・馬橋支線・武蔵野線・国立支線・中央本線経由)で1往復行われた。使用車輌は尾久車両センター所属E655系(5輌)であった。

 ツアー客は松本駅到着後、アルピコ交通(松本電鉄)フリーパスが配布され、同社上高地線の新村駅で車庫見学を40分間行ったのち、同線で松本へ戻り、再びE655系に乗車し帰路に着いた。

 なお、同編成は往路で松本へ到着後、復路の運転まで明科に留置された。

●関連記事:【JR東】E655系使用の団体臨時列車運転(前回のもよう)

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加