鉄道投稿情報局

【北陸鉄道】石川線の臨時「ビール電車」に新たなヘッドマーク

その他私鉄 2017.07.19
宮島昌之(石川県)
20170719185117-f9f346f344bb1c62fc76e32c4f21ab3ef1e642ea.jpg

丸形のヘッドマークが新たに準備された。絵のデザインもリニューアル。
‘17.7.15 北陸鉄道石川線 日御子―鶴来(公道より撮影)

20170719191057-60bc7bab1d9e85fda1eb64e48c0415e2e5ec4ae6.jpg

背景が同じ水色の「白山開山1300年」ヘッドマークの列車と並ぶ光景も見られた。双方とも今年から掲出を始めたもの。
‘17.7.15 北陸鉄道石川線 鶴来(駅隣接の公園より撮影)

 北陸鉄道石川線では、今年で16年目を迎えた夏季恒例の臨時「ビール電車」が7月7日から運行されている。

 夕刻の時間帯に野町~鶴来間往復で運転され、15日の運転では7700系のモハ7701+クハ7711が使用された。

 車内ではキリンの「一番搾り」生ビール飲み放題や缶チューハイ・お茶の他、有名店「やきとりの名門 秋吉」の焼き鳥や「おつまみ弁当」が提供されているほか、鶴来駅停車時にはフラダンスの実演も行われている。

 同列車は長年にわたりマスク(横断幕)タイプのヘッドマークが使用され、過去には7000系7000形や同7100形にも掲出されてきたが、今年は丸形のものが準備された。また、デザインも一新し、ビールを注いだジョッキから泡が溢れる絵を背景に「BEER TRAIN 納涼 ビール電車」の文字が描かれている。

 なお、この列車は8月5日までの金曜日と土曜日(7月28日・29日を除く)に、昨年と同じく計8回の運転が予定されている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加