鉄道投稿情報局

【JR東】特急〈木曽あずさ〉 運転

JR東日本 2017.07.04
勝浦帆玖斗(静岡県)

20170703171934-7be7ab32130a1a0788cbb3b90ca8d8e1393774b6.jpg

中央西線を走る189系M52編成。
‘17.7.1 中央本線 塩尻―洗馬

 7月1日から開催されている「信州デスティネーションキャンペーン」に伴う臨時列車として、特急〈木曽あずさ〉が1日から2日にかけて新宿~南木曽間(辰野経由)で1往復運転された。使用車輌は豊田車両センター所属の189系M52編成であった。

 同編成は南木曽へ到着後、神領車両区まで回送のうえ停泊し、翌2日は復路の運転に向けて再び同車両区から南木曽まで回送された。名古屋地区へ189系が入線するとあって、注目を集めた。

 このほか、同列車に接続する臨時列車〈飯田線リレー号〉が、神領車両区所属313系8000番代(3輌)を使用して、辰野~駒ヶ根間で運転された。

 なお、特急〈木曽あずさ〉は、新宿発基準で8月26日(復路は翌27日)、9月9日(復路は翌10日)にも運転される予定である。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加