鉄道投稿情報局

【JR西】日根野支所103・205系 ダイヤ改正での動向

JR西日本103系 2017.03.07
見学 智(大阪府)
20170307182131-1e0cb45f43e821de0ecdaee1f4921007739236c4.jpg

4ドア通勤型車輌による最後の区間快速はHK609編成であった。
‘17.3.3 阪和線 和泉橋本―東貝塚

 3月4日に実施されたダイヤ改正では日根野支所所属の103系および205系にも動きが見られた。

 これらの運用は6仕業と数自体には変化がないが、平日では半数以上、土休日は一部で225系6連組の運用と相互に持ち替えとなり、唯一の優等列車であった区間快速308Hが225系6連に持ち替え、阪和線伝統の区間快速から103・205系が撤退する事になった。

 車輌の稼働状況は、3月3日の時点で205系は全編成、103系はHK603・607・609が稼働している。残るHK605・606・608・610の各編成は日根野支所と鳳派出所に留置されたまま動きが無く、今後の動向が注目される。

 また、羽衣線は変化がなくワンマン仕様の103系が運用されている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加