鉄道投稿情報局

【JR西】キヤ143-4が金沢総合車両所松任本所を出場

JR西日本 2016.11.08
宮島昌之(石川県)

20161108135238-1ed9bf0cc582e9c3300c890cb751c64040865ece.jpg

遠く山陰の後藤総合車両所へ回送されると思われるキヤ143-4。
‘16.11.7 北陸本線 加賀笠間―美川

20161108135254-3e4fe2eb98789888111b43fd6b86fdb84e201603.jpg

所属標記など。敦賀所属車と違い保安装置にATS-Pは搭載されていない模様。(駅前広場より撮影)
‘16.11.7 北陸本線 松任

 新潟トランシスで新たに3輌製造され、金沢総合車両所松任本所に入場していたキヤ143形のうち、キヤ143-4が11月7日に同所を出場、北陸本線を南下した。

 車体に記された所属標記は「米トウ」(後藤総合車両所)とされ、さらにJR西日本米子支社が11月9日から順次、同形を3輌導入(来年2~3月頃にかけ配備)する旨、鳥取県や島根県の各報道メディアを通じ公表していることから、同車両は自走で数日かけて後藤総合車両所へ回送するものと思われる。また試運転は、ほぼ1週間前の11月1日に北陸本線内で実施されている。なお、福知山電車区豊岡支所に配属される模様のキヤ143-3は、10月25日から翌26日にかけ、松任から小浜線経由で豊岡へ自走で回送されている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加