鉄道投稿情報局

【JR貨+西武】30000系38118編成 甲種輸送

JR貨物大手私鉄 2016.06.13
中村直樹(埼玉県)

20160613180710-86a1e946dc51f23ee4dca49d05363d159f5b6626.jpg

朝の琵琶湖線(東海道本線)をEF210-141の牽引で東上する。
‘16.6.11 東海道本線 南彦根―彦根 P:横田篤史

20160613180729-3539146577d243b81fb293a619ae1cd2e9da5e1a.jpg

小手指車両基地に到着した38118編成。
‘16.6.12 西武鉄道池袋線 小手指車両基地 P:中村直樹

 西武鉄道30000系8連の新造車38118編成が、6月10日に日立製作所笠戸事業所を出場し、12日に西武鉄道小手指車両基地に到着した。下松~新秋津間の甲種輸送の牽引は吹田機関区所属のEF210-141が、また西武鉄道線内の牽引は101系263編成がそれぞれ担当した。

 なお、西武鉄道の2016年度鉄道事業設備投資計画では、30000系8輌編成1本と、新型通勤電車40000系10輌編成2本の新造が発表されている。この発表の中で、30000系の製造は2016年度で終了することが記されており、今回の38118編成が同系の最終製造車になるものと思われる。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加