鉄道投稿情報局

【東武鉄道】昭和30年代「標準色」リバイバル車輌 運転開始

大手私鉄 2016.04.01
加藤孝英(埼玉県)
20160401115315-d9f94b3ceda825e0bb250f4c788d2db6e2ae7861.jpg

昭和30年代の標準色となった8577編成。
‘16.3.29 東武鉄道亀戸線 東あずま―亀戸水神

 東武鉄道では、昭和30年代に通勤車輌の標準色としていた、インターナショナルオレンジを基調にミディアムイエローの帯を纏った8000系8577編成の運行を3月23日より開始した。

 運転初日には亀戸線沿線の幼稚園児を招待した出発式を亀戸駅で開催した。同編成は、亀戸線(曳舟~亀戸)のほか大師線(西新井~大師前)で運転されている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加