鉄道投稿情報局

【JR東】「特急〈富士〉で行く伊豆の旅」開催

JR東日本 2014.12.19
久保田健一(神奈川県)
20141219183330-fa37b6fc818500b778fd5cdcd91cad99ed340d14.jpg

寝台特急〈富士〉が復活運転。
‘14.12.19 東海道本線 横浜―戸塚 P:久保田健一

20141219183756-0d50e8a2ae7fe8f0b3859f3e9351c3e451e5051f.jpg
東京までの送り込み回送はEF65 1115とのプッシュプルとなった。
‘14.12.19 東北本線 尾久―赤羽 P:大場 真
 日本の鉄道の駅の代表格である東京駅が12月20日で100周年を迎える。これを記念したイベントとして、株式会社びゅうトラベルサービスの企画による「特急〈富士〉で行く伊豆の旅」ツアーが12月19日に開催され、これに伴い2009年3月で運転を終了した寝台特急〈富士〉の復活運転が東京→伊東間の片道で実施された。牽引は元ブルートレイン牽引機として活躍した高崎車両センター高崎支所所属のEF65 501、客車は青森車両センター所属の24系のうち白帯で統一された6輌編成が使用された。ヘッドマークは、現在鉄道博物館で所蔵されている現役時代に使用されていた円形の〈富士〉のヘッドマークが掲出され、オハネフ24のテールマークも絵入りマークが表示された。編成は伊東方からEF65 501+カニ24 23+オハネフ24 23+オハネ24 49+オハネ24 51+オハネ24 7+オハネフ24 19の組成であった。
 なお、当日は尾久→大宮(操)→池袋→品川→東京の経路で送り込み回送が実施され、この区間では田端運転所所属のEF65 1115とのプッシュプルとなった。尾久→大宮(操)間はEF65 501が先頭に立ち、大宮(操)→池袋→品川→東京間ではEF65 1115が先頭となった。東京駅到着後EF65 1115は切り離され、単機で田端運転所に戻っている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加