鉄道投稿情報局

【JR東】第32回全国新作花火競技大会に伴う増発・運用変更

JR東日本 2014.09.08
高島 大(山梨県)
2014_09_06_takashima_dai001.jpg

八ヶ岳をバックに疾走する湘南色。
‘14.9.6 中央本線 小淵沢―長坂
 9月6日、諏訪湖畔での「第32回全国新作花火競技大会」開催に伴い、中央本線では列車の増発や運用変更が行なわれた。一部の臨時列車に豊田車両センターのE233系青466編成・青664編成編成の充当や、所定では211系で運転される運用の115系への差し替えなどもあった。なお、その際に8月15日の「第66回諏訪湖祭湖上花火大会」のときも440Mに充当された長野車両センター所属のN29編成(長野色)+N9編成(湘南色)が今回も同じく440Mに充当された。なお、先日とは編成の順序が逆となり、東京方にN9編成が連結された。沿線は休日とも重なり、多くのレイル・ファンの姿が見受けられた。

関連記事:【JR東】諏訪湖祭湖上花火大会に伴う増発・運用変更

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加