鉄道投稿情報局

【JR西】キハ47 25朱色塗装で検査出場

JR西日本 2013.08.12
宮島昌之(石川県)
2013_08_09_miyajima_masayuki001.jpg

片運転台キハ47単独での本線走行は試運転ならでは。
‘13.8.9 北陸本線 金沢―東金沢(陸橋上公道より撮影)
 検査の為、金沢総合車両所松任本所へ入場していた、城端線・氷見線向け気動車の富山地域鉄道部富山運転センター所属キハ47 25が、2013年8月9日(金)に出場し試運転を行なった。全般検査を受けたものとみられ、朱色に塗り替えられての出場となっている。同所属のキハ40系は、全般検査による単色化やラッピング車輌が相次ぎ登場したことにより、「高岡色」の数が意外と早いペースで減っていて、現在残っているのはキハ40形が5輌、キハ47形が6輌の計11輌と、ついに全体(計24輌中)の半数を割り込んでいる。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加