鉄道投稿情報局

【阪急】伊丹線 方向板車の現状

大手私鉄 2013.01.29
小原正裕(兵庫県)
2013_01_28_obara_masahiro001.jpg
 
‘13.1.28 阪急電鉄伊丹線 塚口

2013_01_28_obara_masahiro002.jpg
 
‘13.1.28 阪急電鉄伊丹線 塚口
 阪急電鉄では9000系の増備により方向板を使用する3000系、3100系が減少しているが、先日検査出場した3077F4連が伊丹線の運用に復帰し、元気に活躍している。このほか伊丹線では3160F4連が現在も伊丹線で現役の方向板車輌となっている。なお、3054F4連の伊丹線での運用開始で方向板を使用していた3100系3157F4連は伊丹線の運用を離脱した模様である。現在現役のこの2本の方向板車輌も9000系の増備次第では今後の動向が注目される。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加