鉄道投稿情報局

【JR西】日根野支所381系の話題

JR西日本 2012.10.17
見学 智(大阪府)
2012_10_16_kengaku_satoshi001.jpg
阪和線を行くHD306編成が使用された集約臨。
‘12.10.16 阪和線 新家―長滝

2012_10_16_kengaku_satoshi002.jpg
モハユニットを差替えたHD604編成を使用の2056M〈くろしお6号〉。
‘12.10.16 阪和線 新家―長滝
 秋の修学旅行シーズンに入り、吹田総合車両所日根野支所所属の381系アコモ編成を使用した集約臨が10月9日より紀勢本線・和歌山線内から新大阪へと運転されている。
 またこの列車を先行する2054M〈くろしお4号〉も6連から9連に増結され、新大阪方の付属編成3連に修学旅行生が乗車、紀勢本線の特急停車駅からの生徒は2054M、和歌山線と特急の止まらない駅からの生徒は集約臨と振り分けされているようで利用実態に合わせて柔軟に対応されている。
 一方、同支所所属の381系スーパー編成のHD604編成がモハユニットを差替え運用に入っている。
 同編成の新宮方に組み込まれていたモハ381・380‐51のユニットをアコモ編成であるHD301編成の新大阪方に組み込まれていたモハ381・380‐28のユニットと差替えられている。
 なおモハ381・380‐51のユニットは既報のようにクモヤに挟まれて吹田総合車両所へ、またHD301編成は4連となり日根野支所内で留置されている。
 現在のHD604編成は次の通り。
←新大阪 クハ381‐504+モハ381・380‐50+モハ381・380‐28+クロ380‐3 新宮→

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加