鉄道投稿情報局

【JR貨】EF210-301が川重より出場

JR貨物 2012.09.04
妹背光洋(大阪府)
2012_09_03_imose_mitsuhiro001.jpg
試運転走行を開始したEF210-301。同機にはPQ輪軸が組み込まれていた。
‘12.9.3 山陽本線 須磨海浜公園 P:妹背光洋

2012_09_03_kawano_yoshiharu002.jpg
姫路貨物で発車を待つ。
‘12.9.3 山陽本線 姫路貨物(ひめじ別所) P:川野義晴
 9月3日(月)、川崎重工業で製造のEF210-301が落成し出場した。
これは通称”セノハチ”で使用しているEF67形が老朽化しており、その後継機として製作されたもの。この新型機関車は連結器の部分に新型シリコン緩衝器搭載していて後押機関車としての性能があるだけでなく通常の貨物列車も牽引できるように設計されている。
 当日は兵庫から鷹取(神戸貨物ターミナル)までDE10 1561牽引で甲種輸送され、その後に神戸貨物ターミナル―姫路貨物―吹田(信)の行程で公式試運転が実施された。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加