鉄道投稿情報局

【JR西】氷見線で「氷見線全線開通100周年」ヘッドマーク

JR西日本 2012.09.03
宮島昌之(石川県)
2012_09_01_miyajima_masayuki001.jpg
「氷見線全線開通100周年」ヘッドマークの掲出が始まった。
‘12.9.1 氷見線 能町

2012_09_01_miyajima_masayuki002.jpg
同日見た限りでは、ヘッドマークは運転助士席側に掲出されている。
‘12.9.1 氷見線 能町

2012_09_01_miyajima_masayuki003.jpg
忍者ハットリくんがVサインをして100周年を祝福。
‘12.9.1 氷見線 能町

2012_09_01_miyajima_masayuki004.jpg
朱色のキハ47 1092もヘッドマークを掲出。恐らく朱色塗装車でのヘッドマーク掲出は、富山地域鉄道部高岡運転派出所属では今回の催しが初めてとみられる。
‘12.9.1 氷見線 越中中川
 氷見線では、2012年9月19日をもって高岡―氷見間全線開通100周年を迎えるのを記念して、9月1日(土)より同線を走るキハ40系に記念ヘッドマークの掲出を開始した。
 絵柄は、富山湾(雨晴海岸の女岩)越しに望む立山連峰と、富山県氷見市出身の著名な漫画家、藤子不二雄(A)氏原作の漫画「忍者ハットリくん」の主人公、忍者ハットリくんがVサインをして100周年を祝うデザインになっていて、10月31日(水)まで掲出予定となっている。
 このヘッドマークは、9月1日(土)から始まった「氷見線全線開通100周年記念事業」によるもので、今後もさまざまな祝賀イベントが沿線各地で予定されている。
 ちなみに、同じく9月1日(土)からは、高岡、伏木、氷見の各駅で写真パネルや年表の展示をしているほか、記念スタンプラリー、記念入場券の発売も始まっている。
(C)藤子スタジオ

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加