鉄道投稿情報局

【JR西】福知山線に225系6000番代登場

JR西日本 2012.03.19
中司朔良(兵庫県)
2012_03_18_nakatsukasa_sakura001.jpg

ML05編成による2726M。
‘12.3.17 福知山線 川西池田
 3月17日のダイヤ改正により、福知山線では宮原総合運転所の113系S編成(4連・6連とも)が引退し、その代替に225系が6000番代に改造されたうえで運用に就いている。

 写真は6連のML編成で、元網干総合車両所のL編成。編成番号の頭にMが、車番に6000が加算され、もとL5のクモハ225-16がML05のクモハ225-6016となっている。

 また、223系のMA編成及びV編成と同様、前面貫通扉と側面乗務員室扉下部の橙色2本ラインで識別することができる。

 この225系6000番代は、6連で日中の「丹波路快速」運用にも就いているほか、4連で従来の223系MA編成と併結される編成もある。なお、MA編成にある前位パンタは装着されていない。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加