鉄道投稿情報局

【JR西】「おわら風の盆」にともなう臨時、増結運転

JR西日本 2011.09.02
宮島昌之(石川県)
2011_09_02_miyajima_masayuki001.jpg
所定の普通列車も、この日は増結キハ120×4連で運転。
‘11.9.2 高山本線 富山

2011_09_02_miyajima_masayuki002.jpg
今年も高岡から応援部隊を投入。中には朱色のキハ47の姿も。
‘11.9.2 高山本線 富山
 例年9月1日~3日にかけて、富山県富山市八尾町で開催される「おわら風の盆」にあわせ、今年も高山本線(富山―猪谷間)で臨時列車の運転や、所定の普通列車においても車輌の増結が行なわれている。
 2日(金)の午後、短い間であったが富山駅で運転状況を確認したところ、所定の普通列車ではキハ120×4連で運転されていたり、一部の列車では時刻変更が実施されていたほか、臨時列車では快速扱いとなっており高岡運転派出所属のキハ40・47形×4連が2編成投入されていた。
 いわゆる「おわら臨」は、普段見られない編成が高山本線を走行することから、例年レイル・ファンから注目されているが、キハ58系が運用を離脱しており、関西方面からの特急〈おわら〉の設定もなくなっている。また県外から「おわら風の盆」関連と思われる団体臨時列車が例年数本設定され北陸本線に姿を見せているが、今回はJR東日本小山車両センター所属の485系和式電車”華”を使用した列車が1日(木)の往路で姿を見せず運休となった模様である。
 このため、各沿線で撮影をしていたレイル・ファンにとっては、今年は「何か物足りない」と感じたのではないだろうか。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加