鉄道投稿情報局

【JR九】博多地区を走る長大編成特急電車

JR九州 2011.01.25
中司純一(兵庫県)
2011_01_22_nakatsukasa_jyunichi001.jpg
783系13輌編成で築堤を疾走する2009Mほか。
‘11.1.22 鹿児島本線 天拝山―原田
 在来線優等列車は、時代の流れとともに短編成化が進んでおり、平時で14~15輌を組成する列車は、首都圏に存在するのみとなっている。
 そのような中、JR九州には通年13輌を維持する電車特急が今も活躍中である。〈かもめ〉〈ハウステンボス〉〈みどり〉の併結、いわゆる「三階建列車」がそれで、南福岡電車区の783系CM編成5+4+4の組成となっており、博多~肥前山口間が13連となる。
 なお、〈かもめ〉〈みどり〉の2列車併結で13連の列車もある。
 双方とも博多寄の号車表記は14号車だが、6号車欠の13輌編成で、JR九州特有のカラフルな塗装の長大編成列車が疾走する姿は圧巻である。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加