鉄道投稿情報局

【銚子】2011年の元日輸送

その他私鉄 2011.01.06
増永祐一(神奈川県)
2011_01_01_masunaga_yuichi001.jpg
初日の出を浴びて走る2002編成〈迎光〉。さながら京王5000系のよう。
‘11.1.1 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 海鹿島―君ケ浜

2011_01_01_masunaga_yuichi002.jpg
昨年9月に引退したデハ801と、2002編成〈迎光〉との並び。
‘11.1.1 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 外川(開いている踏切から撮影)

2011_01_01_masunaga_yuichi003.jpg
2001編成〈犬吠〉。初めての「初日の出輸送」は無事終了。
‘11.1.1 銚子電気鉄道銚子電気鉄道線 西海鹿島
 1月1日(土・祝)、銚子電気鉄道では犬吠埼への初日の出見物客輸送のため、恒例の臨時ダイヤによる列車運行が行なわれた。
 銚子駅4~5時台はJRの臨時列車からの接続を引き受けている。同時間帯は前回まで、デハ701・702の2輌とデハ801による3輌編成のシャトル運行で対応していたが、いずれの車輌も昨年中に引退している。そこで今回は輸送力を確保すべく、昨年デビューした2輌編成の2000形2本をいずれも稼働させ、4~6時台の本数を昨年比2倍に増発して、多数の利用客に対応した。
 2000形2本は7時台以降も引き続き運用され、そのまま10時台以降の通常ダイヤに突入した。臨時ダイヤ運行時は始発から10時台まで、犬吠―外川間は例年通り運休となった。
 2000形はいずれの編成にも記念ヘッドマークが掲出された。2001編成には犬吠埼灯台をイメージしたイラスト(2000形デビュー時のものと同じ絵柄)に〈INUBOSAKI 犬吠 初日の出〉と書かれたもの、2002編成には京王電鉄の初日の出臨時列車〈迎光〉のヘッドマークをモチーフにしたデザインで、しかも2002編成には正面窓下に京王の車輌を思わせるような赤帯が入り、さながら京王車のリバイバルカラーという顔立ちとなった。
 なお同日時点で、デハ701・702はともに笠上黒生駅、デハ801は外川駅の機回り線に留置されていた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加