鉄道投稿情報局

【JR北】〈SL北海道鉄道130周年記念号〉運行

JR北海道 2010.11.29
原 将人(北海道)
2010_11_27_hara_masato001.jpg

牽引にあたったC11 171号機には、130周年特製のヘッドマークが装着された。
‘10.11.27 函館本線 小沢-倶知安 P:原 将人

2010_11_27_hara_masato002.jpg
ニセコ→倶知安の下り蒸機先頭列車は〈C62ニセコ〉以来15年ぶり。
‘10.11.27 函館本線 比羅夫―倶知安 P:原 将人

2010_11_28_himeno_naruhiro001.jpg
始発の札幌駅に向けて迫力ある走行を見せてくれた。
‘10.11.28 函館本線 苗穂 P:姫野成広

2010_11_28_takeda_yuta001.jpg
小樽駅では大勢のファンが出迎えた。
‘10.11.28 函館本線 小樽 P:武田雄太
 11月28日に開業130周年を迎えた北海道の鉄道。今年は節目の年ということもあり、これを記念して各地で様々なイベントが開催されてきた。
 同様に開業130周年を迎えた札幌駅も、蒸機列車やリゾート車を使ったグルメ列車などの130周年記念の臨時列車を運転し、ツアー客から好評を博してきている。
 今回その第3弾として実施されたのが、11月27日の札幌―ニセコ間で運転された〈SL北海道鉄道130周年記念号〉だ。
 運転ダイヤや使用編成は〈SLニセコ号〉に準じたものとなったが、ニセコ着発となる関係で運用の一部に変更が加えられ、ニセコ→倶知安の下り列車としては〈C62ニセコ号〉以来となる蒸機の先頭運転が実現した。
 なお翌28日には札幌―小樽間でも〈SL北海道鉄道130周年記念号〉の運転が行なわれている。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加