鉄道投稿情報局

【JR貨】山陽東部の貨物牽引機の話題

JR貨物 2010.08.02
中司朔良(兵庫県)
2010_08_01_nakatsukasa_sakuyoshi001.jpg
5088列車を牽引し、新鶴見に向かうEF66 27[吹]。
‘10.8.1 山陽本線 須磨―須磨海浜公園

2010_08_01_nakatsukasa_sakuyoshi002.jpg
72列車の先頭に立ち、吹田へ向かうEF65 114[岡]。
‘10.8.1 東海道本線 西宮―甲子園口

2010_08_01_nakatsukasa_sakuyoshi003.jpg
所定ではEF210[吹]牽引の2073列車で、幡生へ向かうEF65 114[岡]。
‘10.8.1 山陽本線 神戸―兵庫
 若番機の運用離脱が相次ぎ、21号機が現役最若番となった吹田機関区のEF66だが、30号機が新更新色化された現在、同機の塗色変更の波も一段落した感がある。そのような中、唯一国鉄色に近い塗色を纏う27号機が吹田区EF66の最注目機であることに変わりはなく、同機の仕業を追うファンも多い。8月1日(日)は、第9仕業に充当され、5088列車を牽引して新鶴見に向かった。
 また、既報の通り、岡山機関区のEF65の運用に曜日限定の変運用が生じており、このところの日曜日は、72列車牽引機が吹田にて当日のうちに2073列車で折り返す運用が続いている。8月1日(日)は、現存0番代唯一の広島(3色)更新色機である114号機がその運用に就いた。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加