鉄道投稿情報局

【JR西】越美北線開業50周年記念ラッピング列車誕生

JR西日本 2010.07.30
宮島昌之(石川県)
2010_07_29_miyajima_masayuki001.jpg
越美北線ラッピング列車がついに誕生!
‘10.7.29 北陸本線 松任

2010_07_29_miyajima_masayuki002.jpg
1号車は「越前大野城」をモチーフにデザインしている。
‘10.7.29 北陸本線 松任

2010_07_29_miyajima_masayuki003.jpg
一方反対側には川の流れと「うぐピー」「うめピー」のコラボ。
‘10.7.29 北陸本線 松任

2010_07_29_miyajima_masayuki004.jpg
所属略号が「金ツル」となっている。
‘10.7.29 北陸本線 松任
 検査のため金沢総合車両所松任本所へ入場していたJR越美北線(九頭竜線)のキハ120-205が、新たに「越美北線開業50周年」を記念したラッピング塗装を施し、2010年7月29日(木)に同所を出場して福井方面へ向けて試運転を行なった。試運転後は福井地域鉄道部福井運転センターへ戻るものと思われる。
 このラッピング塗装は、JR越美北線が2010年12月15日に開業50周年を迎えることから、「越美北線と乗合バスに乗る運動を進める会」と福井地域鉄道部が企画したもので、栄えある第1号は現在開催中の「越前大野城築城430年祭」にあわせ、「越前大野城」とイメージキャラクターの「うぐピー」「うめピー」がコラボした絵柄になっている。
 今後、他の2輌についても順次異なるラッピングを施す予定で、2014年秋まで活躍するとのこと。
 なお、2010年8月1日(日)よりラッピング列車が営業運転に入るのにあわせ、福井駅で「記念乗車会(事前抽選の当選者のみ)」の出発式セレモニーが行なわれるほか、越前大野駅の会場では「越美北線開業50周年イベント」が開催される。

鉄道投稿情報局


事業者別
月別アーカイブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加